Jyuri-Jyuri BABY

松井珠理奈さんに関する記事や、これまでの軌跡を掲載しています

カテゴリ: その他

松井珠理奈ちゃんの生誕祭を見てきました!

…劇場前のカラオケ館でww

いやまあ、当日は名古屋に行く用事があり、折角なので仲間内でDMM観賞会をした訳ですが、いやあ、楽しかった٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

こちらは生誕祭の珠理奈ちゃん

image

観覧後、みんなとうま屋へ💕

image

オススメはチャーハンらしいですが、本当に美味しかったです。ごちそうさまでした(๑´ლ`๑)♡

速報用の投票が終わった翌日は、まず珠理奈ちゃんの足型を見て…

image

それから羽豆岬へ!
師崎の辺りの海は本当にステキなんですよね
一度は行きたい知多半島♬

image

羽豆神社は閉まっていたので、残念ながらお参りだけして帰ってきましたが…

偶然にもメンバーサイン入りの「海っこバス」が停まってました❣️

image
image
image

写真撮影をお願いしたら、快くOKして下さった運転手様、ありがとうございました

そしてそして…

帰りはエスカで食事。もう、珠理奈がいっぱいで高まりまくりでした⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾

image

まだまだ聖地巡礼の旅は終わりません
次の機会があれば、ぜひブログにアップしたいと思っています♪

ゆる〜く描いてみたちびじゅりな

強き者よバージョン💕

image

そしてそして…

何故か、どんちゃん 宇宙へジャンプ!の図 也

image

他のメンバーも描けるようになるといいなあ…✍️

2016.4.9

TBSさん、まずは可愛い可愛い珠理奈ちゃんを世間に発信して下さって本当にありがとうございます!!!

4/15スタート
毎週22:00〜 『私結婚できないんじゃなく、しないんです』
中谷美紀さん演じる主人公みやびの高校生時代を演じるのが、松井珠理奈ちゃんです♡
皆さん、よろしくおねガイシます!

珠理奈ちゃんのツイート(^∀^)ノ

image

さて。

オールスター感謝祭での可愛すぎるみやびちゃんを、画像で回顧しましょう♪

image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image

あつじゅり、最高かよ(´ー∀ー`)♡

image

SKE48のニューシングル、『チキンLINE』がついに発売になりました

888888888888👏

いやあ、SKEのダンサブルナンバーは、やっぱりいいっすねぇ〜〜💕

image
image
image
image

さてさて。

『チキンLINE』というタイトルの意味は

チキン=米俗語「弱虫」 + LINE=通信アプリ名

文字通り、LINEでしか愛を語れない男性に、


♬ LINEじゃなく 目を見て言いな!
本当に愛しているなら
ちゃんと直接会って 告白しな
読むんじゃなく ちゃんと声を聴きたい


そう女性の側から訴える歌詞になっています

まさに「女性が輝く社会✨」

…なんちゃって💦

ここ数年、SNS疲れやら既読スルー問題やら、あちこちでニューストピにもなっておりますが…

読む価値ねえよ、っていう内容は「既読スルー」でいいんじゃないの?って思います

(このセンテンス、逆は真に非ず、ですからね! 既読スルーする内容=全て読む価値がない…と解釈しないように)

それにしても、やすす先生の歌に登場する男性って、本当に繊細で、ガラスのハートの持ち主ですよね笑

第1回選抜総選挙で選ばれたメンバーが歌唱したシングル『言い訳Maybe』の主人公も、かなりのチキンでした

リリース当時はLINEなんてありませんでしたが、あの曲の主人公が大人になって、相手の顔色を窺いながらLINEスタンプを送ってるんじゃないかと、そんな想像さえ、できちゃうくらいです


♬ただの友達と 思っていたのに
今すぐにでも 君に 君に会いたい

Maybe Maybe
好きなのかもしれない
青い空には 雲はひとつもない
Maybe Maybe
好きなのかもしれない
それが恋だと わかってるけど
言い訳Maybe


恋だってわかってるくせに「好きなのかもしれない」って言いやがりますからね、この男💢

しかも後半の歌詞では駄目押しが来ます


♬Maybe Maybe
そんな勇気はない
Probablyに近い もっと 確かなもの
Maybe Maybe
そんな勇気はない

ずっと このまま 片思いでいい
言い訳Maybe


はい、受験に出る英単語 笑

Probablyは可能性80〜90%くらいの「多分ね♡」
Maybeになると50%にまでトーンが落ちます

この男、本当は彼女のことが好きなくせに、自分に嘘をつこうとしてるんですよ

image

…珠理奈ちゃん、怒っていいからね💢💢

『チキンLINE』の歌詞でいうところの

不意に届くスタンプ I LOVE YOU

スタンプひとつ送る程度の度胸ってことです💢💢💢

相手にその気がないと分かったら、即、ジョークだと誤魔化す気ですぜ、この男(((o(*`皿´*)o)))

何だか文句ばかり書いていて、全然歌詞論になってませんが(本当にすいません💧)、いざとなって腹を括れるのは女の側。男はいつも逃げ道を探している

やすす先生は、そんな風に言いたいのかもしれないのかな、なんて思いました💕

今の日本は「1億総活躍社会」を目指しているそうですが、本当にエールを送るべき相手は、女性ではなく、男性なのではないでしょうか

『チキンLINE』の主人公だって、強気な言葉の中にちゃんと愛を込めているんですよ


女に断られたって
それは男にとって恥じゃないんだ
保険かけちゃ 恋にならない
ドキドキするからこそ恋


彼女も「愛を信じつつけた」んです

恋と気付いたなら、勇気を出しましょう
LINEじゃなく、ね(^_−)−☆

そろそろ、桜の開花予想が話題にのぼる季節になりましたね🌸

ここ数年、AKB48が桜ソングをリリースしていないのは寂しい限りです💧

桜の花びらたち
十年桜
桜の栞
桜の木になろう

…どれもいい曲ですね♬

「僕の桜」「桜、覚えていてくれ」も好きだなあT_T

今回はこれらの中から「十年桜」を取り上げたいと思います

卒業をテーマにしていますが、メロディーラインは軽快で躍動感にあふれています。作曲はおなじみの井上ヨシマサ氏が手掛けています

image

image

どこかで桜の花びらが
はらりと風に舞うように
誰にも羽ばたく時が来て
ひとりきりで歩き出すんだ

君と会えたことが
過ぎた季節の意味
その笑顔が眩しかった
一緒に行けないけど
そんなに泣かないで

僕は忘れない


この後のサビでメロディーが短調に変わります


十年後にまた会おう
この場所で待ってるよ
今よりもっと輝いて

卒業はプロセスさ 再会の誓い
すぐに燃え尽きる恋より
ずっと愛しい君でいて


image

転調することによって、よりメリハリの効いた歌になっているのは事実ですが、サビで短調に変わる理由って、それだけでしょうか…?

ご自身の作られる曲について、井上ヨシマサ氏はこんなことをおっしゃっています


…自分のなかのストーリーがメロディのなかにあるわけで、それは自分だけのオリジナルだから同じようにはならないですよ、なかなか。同じように終わっていたらそれは誰かが作ったクリエイティブをなぞっているだけだから。そう思わない? どっか歌詞が似てるとかそれはいいんじゃない。気持ちいいんだから。

だから転調の仕方とかいうんじゃなく、AKB48の曲が生まれていくときに、「あ、これなら彼女たちらしくなくなっちゃうんじゃないか」とか、弾けている感じがしなくなるとか思ったら変えるし、さっきの一筆書きではないよ。すげ替えたり、新しく作ったりするよ
※ギターラボより
http://topic.auctions.yahoo.co.jp/music/guitarlabo/inoue_yoshimasa/02/


このメロディーラインこそが、AKB48らしさ、という訳ですね

「十年桜」が何度聴いても飽きのこない理由は、この辺りにありそうです

二番のサビはこんな歌詞です


十年後にまた会おう
この桜咲く頃
何があったってここに来る

卒業はスタートさ
永遠の道程
今は悲しみに暮れても
ずっと手を振る君でいて

Cherry blossoms!
何度 咲いても
今日という日を
忘れはしない


十年後にまた会おう…

その約束が果たされるかどうかはわかりません

確かなことは、卒業によって「君」と離れ離れになるということ。今という時は、もう消して巡ってこないのだということです

image

image

48グループも同じ…
いつかは夢に向かって、あるいは夢破れてアイドル人生にピリオドを打つ日がやってきます

もし十年後に会えたとしても、その時の「君」は、もう今の「君」ではない

その儚さを抱えつつ、華やかなステージで笑顔を振りまいているのが「アイドル」なのです

そう考えると、AKB48グループのメンバーそのものが桜の花のようですね

やがては枝を離れ、風に流されていく花びらの美しさと切なさ…
だから桜は散り際が一番美しい

彼女たちの旬も、きっと同じだと思います

そんな華やかさの中に潜む切なさを、「十年桜」は教えてくれます

image

あの頃のメンバーが揃っても、もはや当時の「十年桜」は聴くことができません

だからこそアイドルもそのファンも、この瞬間に花を咲かせようと懸命に突っ走るのです

そんな目線で、もう一度、この曲を聴いてみませんか?

記憶の中でだけは、ずっと愛しい「君」に会えるはずですから…

このページのトップヘ